気になる女性店員と仲良くなる具体的な方法|実体験を元に語る(前編)

「いつもいく店の、あの子が気になる・・」可愛い店員さんがいたら、何とかしたいという思いになりますよね。

私は30代のサラリーマンですが、職場の女子のレベルは微妙。事務職だから顔で採用されてないのはわかってますけどね。

社会人になると出会いもないし、合コン三昧のような遊び人の友達もいない。そんな時にちょっとしたオアシスになる女の子。

「彼氏いるんだろうか」「どうせ無理だよな」悶々としている方も多いかもしれません。

私はこれまで、店員さんに9回手紙を渡してきました。行動力だけは無駄にあるんですが、なかなか厳しいものがありますね。30過ぎたおっさんですけど。

私の事例を元に、「可愛い店員さんと、どうやったら連絡先が交換できるか?」について気になるギモンにお答えします。

どんな女の子に手紙を渡してきたか

私がこれまで連絡先を渡してきたのは、

・コンビニ×2
・携帯ショップ
・アパレル
・ドラッグストア
・郵便局
・スーパー
・歯医者の受付
・看護士

というラインアップです。

改めて振り返ってみると、俺って馬鹿だなーと思いますw。行動力だけはあるのが取り柄なので。

10人に渡して、3人から連絡あり。1人はラインをブロックされ終了。もう1人は、遊び友達。1人はお付き合い成功(でも半年後に別れましたw)

この勝率(.300)が良いのか悪いのか、何とも言えないです。イケメンだったらもっと勝率は上がるとは思いますが・・

ちなみに普通のルックス、トークはうまくない・口数は少ないというスペック。ただ自分なりに戦略を練るようにしてから、3回連続で連絡がくるようになりました。

手紙を渡されることを、女の子はどう思っているのか

「手紙を渡すなんて、迷惑なんじゃないか・・」
「返事を返す返さないは別にして、うれしいものなの?」

相手の子の気持ちまで考えてしまって、行動をためらっているという人もいると思います。きっと繊細で、やさしい人なんでしょうね。

迷惑はかけたくない。でも、気持ちは伝えたいというジレンマって誰しも持つものですからね。

実際に、連絡先を返してくれた子に聞いてみました。

「見ず知らずの人から渡されたら、ちょっと怖い」

「うれしいというより、ビックリする気持ちが先」

「どうやって断ればいいのか、戸惑ってしまう」

実は私以外にもその子、何人かの男性から手紙を渡されたことがあるようです。顔なじみになっていないのに、急に渡されたものばかりだったとか。

女の子にしたら「自分の身元がばれている」という怖さがあります。つまり、ストーカーにならないだろうか?という恐怖。

女性として魅力を感じたというプラスの気持ちよりも、恐怖が先立つそうです。だからその辺をうまくクリアしないと「怖い人」になりますからね-。

じゃあ、何で私と連絡先を交換したのか?と聞いたのですが。

「いつも来てくれて、顔なじみだったから安心出来た」

「見た目がやさしそうだったので、怖い人ではないと思った」

後はなんとなく、いいことが重なっていた時期だったからというのが理由でした。女は気まぐれ。

「顔なじみ」になっているということが大前提です。で、ここで男性側と女性の”認識のズレ”が起こりやすいので、注意をしたいところ。

ただ通えばいいってもんじゃない

人間は単純接触を繰り返すと、親近感を抱くという実験結果があります。ただ、この出会いの場では通用しません。

1日に何十人、何百人とお客さんの相手をする中だと、「いちいち顔を覚えていない」という現実があります。

「よほどイケメンか変人でない限り、印象には残っていない」との話。

だからただ通って、無言のまま会計をしたりサービスを受けても、女性の印象に残りません。それを男性からしたら「顔は覚えてもらう」と勘違いしがち。

そんな「顔見知りだと認識されていない人」から番号を渡されたら「怖い」という感情しか起こらないのです。連絡先交換も何も、土俵に立っていない。

どういう会話で、仲良くなればいい?

「知らない人」から、「顔なじみ」になるにはどうすれば良いのでしょう?

「毎回、必ず何かしらの会話をする」以外にないと思います。「緊張して、まともに話せない・・」という方もいるかもしれません。

それは自分でハードルを勝手に高くしているからです。ガンガン盛り上がれるようなトークを、1回きりで行う必要はないのです。

物事には「段階」があります。私もそうですけど、つい女性のこととなると焦ったり先走ったりするクセがあったりします。

店員さんと会うたびに「ささやかな会話」を積み上げていく。徐々に仲良くなっていくことが必要です。

会話の内容が思い浮かばない・・と思っていたら。事前に考えましょう。絶対です。

「その子と仲良くなりたいんですよね?」事前に「トークの組み立て」をしておかなきゃダメですよ。そこ頑張らないと、何もはじまりませんよ。

STEP1.お店(仕事)についての質問をする

・○○という商品は、どこにありますか?

・ここって、カード使えますか?

・予約って事前に入れることって、できないんですか?

女の子が簡単に答えやすいお店についてのことを、質問します。

で、ここからが大事。

質問を考えたら、想定される返答を考え「一言足す」こと。

例)

私「○○という商品は、どこにありますか?(ちょっと探せば見つかるもの」

店員「△△です」

私「あ、あった!ありがとう。この商品って、めっちゃ美味しいんですよ。一回食べてみた方がいいですよ」

店員「そうですか~」

「ただ質問して答えて終わり」なら印象に残りません。一言考えてしゃべることで、そこで記憶に少し残ります。

大多数のお客さんとは、当たり障り無い接客をしているので、なおさら印象に残ります。“他のお客さんとはちょっと違う”と印象づける。

注意点は、ここで会話を盛り上げすぎないこと。1度の接点で距離を詰めすぎると、相手が警戒します(私はこれで、コンビニ店員から引かれました)

無理に会話を引き延ばさない。さらっと会計を済ませてください。

特に、この段階では相手のプライベートなことを聞くのは絶対にNGです。仕事の中身か、あなたのこと以外話題にしないこと。

こういう感じで、何回か訪問のたびに一言話をするというのを繰り返す。内容は事前にシミュレーションする。家で頭を使って考えましょう。

コンビニ、スーパー、病院の受付など密なコミュニケーションがとりにくい場所だと4,5回くらい繰り返す。

もちろん、その都度「簡単な会話の流れを組み立てておくんですよ。アドリブでできるなら、それでもいいかもしれませんが・・

(アパレルや携帯ショップなど、ある程度密に会話ができる場所だと、もっと突っ込んでいいいでしょう。)

STEP2.自分のことを話しつつ、相手のことも聞いていく

お店に行くたびに、何かしら会話をちょこっとづつする。そうすれば4,5回目くらいから「あの人だ」と覚えてもらえる確率は高まります。

ここで連絡先を渡したいところですが、この段階ではまだ、十分ではありません。

「あなたが、どういう職業でどういう人なのか?」という情報を、相手の子に与えないといけません。

あなたがもし、営業マンだとしたら。「俺、○○で営業しているんだけど、なかなか夜遅い時間しか買い物できないのがツライんだよねw あ、ちなみにあなたは仕事終わりに買い物とかする?」

○自分の職種、職業を話す

○当たり障り無い会話で繋げる

○相手はどういう行動・価値観なのかをさりげなく聞く

間違っても、相手の仕事が終わる時間とか住んでいる場所を聞かないでくださいね。「遊びに誘われないか」「居場所を聞いてストーカーしないか」というアンテナを常に張っていますから。

相手のプライベートなことは聞かないようにしつつ、相手に「自分のこと」を話してもらう。そうすれば、「顔を知っている」から「知っている人」に変わっていきます。

最低限、あなたがお店に行ったときに、「あっ、いつもの人だ」という雰囲気を相手が出すようになるまで、がんばりましょう。

「仲良くなる」まで行ければいいですけど、「普通に違和感なく話せる」くらいまででも良いと思います。

この段階まできてはじめて、「連絡先を渡す」という土俵にたてると思った方が良いです。

それ以前の段階で連絡先をいくら渡しても「一人の人間として認識されていない」というレベルですので、お話になりません。

彼氏がいるのは、どうやって探りをいれる?

基本的に、私は彼氏のいる・いないを気にしても意味がないと思っています。

なぜなら、彼氏がいても連絡先は交換できるからです。今の彼氏に不満があったりする場合は、なおさら。

主導権は、女性にあります。女の子が「この人と連絡先を交換してもいい」と思わせれば、交換はしてくれますし遊べます。

その後は努力次第。

まあ、「彼氏がいるのに他の男に連絡先を交換するなんて、ありえん!」と思うのであれば何も言えませんがw

ただ店員さんを口説くのに、「彼氏います?」というカードを出してしまうと、間違いなく引かれますからね。下心が見えた時点で、破綻してしまいます。

店員さんに限らず、他の出会いでも一緒だと思うんですよ。意中の人に彼氏がいるかどうかという不安があるのは。でも正直、“いたらあきらめる”というのは勿体ないと思います。

・・少々長くなりましたが、後編に続きます。

女性店員への連絡先の渡し方、返事が来るタイミングと成功率(後編)

2017.03.05

日常で「かわいい子」になかなか出会えないという悩み

日常生活で”可愛い子との出会い”が少ないなと感じているのは、男性だけではありません。

女性だって「いい男がいない」と思って、出会いに困っている子もたくさんいるのです。

●看護婦や幼稚園の先生など、職場にほとんど同性しかいない。

●美容師や飲食店などのサービス業。平日休みで友達と遊ぶ時間がとれず、出会いの場が少ない。

出会いがない男性と女性が出会う場として「これは穴場だな」と思ったのが、スマホのマッチングアプリです。

ネットで好みの異性を探して、友達や恋人を見つけられるアプリです。

出会い系サイトのような怪しい感じではなく、「SNSの延長で使っている」若い子が多いのかな?という印象です。


↑↑女子にとっては、相席居酒屋と変わらない感覚のようです。↑↑

女友達同士で、アプリを使って「どうだった?」という会話をするのも珍しくないのだとか。

管理人も半信半疑でしたが、あるマッチングアプリを使って見て、はじめて1週間で戸田恵梨香似の23歳の看護師さんをゲットできました。

今も向こうが夜勤ではないタイミングで、定期的に会っています。

もちろん可愛い店員さんと付き合えれば最高ですけど、そもそも彼氏もちかもしれないですし、「お客さんはお客さん」と思っていればその時点で脈がありません。

その点マッチングアプリは「はじめから出会いを求めている子」なので、こちらへの食いつきは格段に良くなります。

要は「かわいい子」と仲良くなれればいいわけで。店員さんだろうが看護婦さんだろうが、職業は関係ないということ。

「こういうのを利用している子って、ブスばかりなのかな?」と思ってましたが・・全然そんなことなかったです。

女の子はインスタ感覚で写真をアップしているので、加工していない「素」の女の子の顔が見れます。出会ってみて「うわぁ・・きつい」というギャップがないのはいいですね。

クラスの中にいたら、TOP5に入るようなレベルの子がゴロゴロいます。

マッチングアプリは色々な種類がありますが、本質的には「出会いの場所を提供する」だけなので、どのアプリもサービスに大きな違いはありません。

「ここに登録したら美女ばかり」というアプリがあれば話は別ですけど、「ただ出会いの場所を提供するところ」なのです。

マッチングアプリを選ぶ基準は一つだけで「たくさんの人が登録している所」を使うこと。理由はシンプルで、登録者がたくさんいればそれだけ可愛い子、美人な子に会える確率が高いからです。

国内最大手のマッチングアプリであれば、pairs(ペアーズ)です。とりあえずここだけ使っておけば、ムダに他のところと併用してお金を使う必要はありません。ここで出会えなければ他でも出会えないと思います。

とりあえず登録して女の子の写真をチェックするまでは無料なので、試しに探してみると面白いと思います。

pairs(ペアーズ)の詳細を見てみる >>