田舎で地元の人間がナンパできるのか?いろいろ試してみた

「私はずっと、田舎でナンパをしてきた30代サラリーマンです。」

東京や大阪などの都市部に住んでいる人が、地方に出てきてナンパするということは珍しくないみたいですね。

わたしみたいに、地方に住んでいて地元の子と仲良くなれるのか?

実験というか、いろいろ試してみましたよ。

もともと大学卒業後は、10年ほど都会に住んでいて、そこそこ声をかけた経験があるのですが、何せフツーの人なもんで。

結果も大した出ず。

田舎に帰ってきて、今更ながら「やべ!出会いがない!」という現実をまざまざと突きつけられてしまったわけです。

これまで都会で培ってきたスキル(笑)・・ただ声かけるだけの度胸しかないですが。実際に半年くらい頑張ってみましたよ。

地方に住んでいて出会いがない!という方は参考にしてみてください。

1.どんな風に、ナンパを実践していた?

管理人が、実際にどういう風にナンパしてたのか、紹介します。

~管理人のスペック~

年:30代半ば(20代後半にみられる)
顔:中の中~下
身長:高いねって言われる
武器:行動力のみ。
トーク:話すの苦手。

実際に「どういうところで、どんなターゲットで、どんな時間帯で、どんな風に声かけしていたのか」を紹介します。

どれくらいの人口規模?

人によってピンキリですよね。東京以外は田舎だ!という人もいますから。私が住んでいるのは、北国の人口20万人未満の都市です。

地下鉄もないですし、車社会なので学生くらいしかまともに歩いていないくらいの感じです。

外を歩いていたら、妙に目立ちます(汗)普通に大きな道路を10分くらい歩いていたら、知り合いの誰かに目撃されそうなくらい。

大きな複合スーパーくらいしかない。商店街はさびれている。駅前も人がまばら。

こんな状況の中で、かわいい子と仲良くなれるのでしょうか・・

ターゲットは?

高校生は当然パスです。当たり前です。捕まりたくねーし。

大学生以上~30才くらいまでのかわいい女子をターゲットにしました。マーケティングでも重要ですよね、ターゲットを絞り込むのは。

「あなたのために」私という”商品”を売り込んでいくんです。すでにアウトレット状態ですが。

ストライクゾーンはやや広めに。明らかなボールはカウントしません。一緒にご飯食べても恥ずかしくないくらいのルックスで。

ナンパした場所と時間帯は?

当然ながら、平日の仕事帰りです。ありがたいことに、18時で終われる時が週に1~2回ありますので、そのタイミングでGOです。

スーツを着たまま。着替えません。服のセンスがないわけではないですが、私服で若い女性と勝負するよりも、スーツが無難だし着替えるのめんどいので。

都会と違ってキャッチがいませんので、スーツ=怪しいということはありません。

さて、場所です。人口100万くらいの中核都市だと、街中とか駅前とか、常に女の子が行きかっているような場所っていくつかあります。

が、地方にはそれがない・・若い女の子が一人で歩いていたらラッキーくらいの勢いです。

もちろんキャッチも、ライバルもいない独占状態なのですが、そもそもターゲットを見つけるのが辛い。

声をかけた場所は?

人ができるだけ多い場所。日が落ちて車から誰だか確認しずらくなったら、行動するようにしました。

駅前とか、大型複合施設の駐車場とか。暗い場所だと警戒されるので、街灯が多く明るい場所に差し掛かったら、声掛け。

昔経験があったとはいえ、ブランクがあってカミカミになってしまう・・滑舌が悪かったら、女の子は警戒心をあらわにします。注意。

女の子の右斜め前から、振り返って「こんにちわ!」(夜だけど)と元気良く。

ナンパ目的ではなく、仕事帰りでたまたま見つけたから声かけたということを強調しながら、相手の反応をみます。

さすが田舎、完全に無視されることはありません。

むしろ、こんにちは~とあいさつをしっかり返す子の方が多い。慣れてないんですね。

行動力しかないので、和ませたりとか切り替えしたりとか、技術はありません。その辺がうまいと、また違ってくるのでしょうが。

対象エリアを広げてみた

駅前や複合施設でも、女の子1人で歩いているのは1時間で1人出くわすかどうかのレベル。

田舎なもので、この前声をかけた子が普通に次の日もでくわす、なんてことは何回かありました。

大きな建物にこだわらず、今度は「ドラッグストア」「大型書店」に照準を絞ってみました。

店の前でスマホをいじって、誰かと待ち合わせをしているような風で、お店から出はいりする子を物色。

店から出てきて、車に乗り込む前の間に、ハンティング~

はじめに今自分が何をしているところだったのか、理由を早めにいうと相手も話を聞いてくれました。

もちろん逃げるように車にのって逃げる子もいましたが・・ライン交換した子も出てきました。

・駅前
・大型複合施設
・大型本屋
・ドラッグストア
・郵便局(大きめの)
・銀行(ATMから出てく子を狙う)
・コンビニ

都会では「ありえない!」と思うような場所でも、田舎にとっては貴重なスポットです。

主に仕事帰りにふらっと寄りそうな場所ではること。自分も同じ目的だった、もしくは友達と待ち合わせ中だったと言い訳すればアリバイOK。

ローテーションでハンティングしていました。

コンビニも、店内で話しかけるのではなく、たばこを吸っているような感じで店の前で20分くらいスマホをいじりながらという感じ。

声をかけたのは、高校生(たまたま結果として)・大学生・専門学生・看護師・OLといったところでしょうか。

2.地方ナンパでの注意点

まず、効率は悪いです。圧倒的に。1時間で2人いればラッキーくらいの感じです。

かなり時間使います。根気がいります。大型複合施設、大型本屋くらいだと、もうちょっと増えますが。

店の出入り口に近い場所に車をとめて、店から出てくる女の子を狙う。

彼氏(旦那)が近くにいないか注意すること。トラブルの素になります。

駐車場についたら、他の車のチェックは必須です。

男一人で乗って、暇そうにしているのがいたら、その方向に歩く女性は念の為、パスしましょう。

駐車場が無駄に広いところだと、ターゲットの動きを追いにくいですし、彼氏と一緒の可能性もあります。

なので駐車場はこちら側が全体を把握できる広さのところを探すと良いでしょう。

ちなみに、車に乗ったまま物色するのはやめました。傍から見たら怪しいですかなり。

ターゲットにしている女の子と意外にも目が合いやすいという欠点もあります。

車から降りて、入り口近辺でスマホをいじってるふり。これが良いです。

ただ、20分以上いると怪しいので、場所はこまめに変えた方が良いでしょう。

3.ナンパの成果は?

半年間で10人ほど、ラインのアドレスの交換に成功しました。

声をかけたのはその3倍くらいでしょうか。

敏腕ナンパ師さんが見たら、鼻で笑われそうな感じだと思いますが・・

実際にその場でご飯にいったの1人、後日お茶したの2人、ラインのやり取りだけが延々と続いたの3人、残りはブロック・・という状況です。

で、現在もつながっている子は0(笑)家に連れ込めたのも0。うーん。

出会いがほしい、あわよくば彼女もほしい。

田舎だからハードルは低いから、うまくはまれば一気にいけるだろうと思ってましたがそう甘くはないです。

田舎だと、一定水準以上のルックスの子だとほぼ100%彼氏持ちです。それでも交換できる子はできますが・・

都会だと「えっ?こんなかわいいのに彼氏いないの?」という子もいたのですが・・田舎だとそうした子は皆無です。

結論:田舎でナンパは普通にできます。無視されることもほとんどないです。

ただ連絡先聞いた後、遊びに行くまでのハードルが高いです。

イケメンだったら、話は聞く子がほとんどなのでその時に食いつかれて結果を残せるかもしれません。

あとは、折れない心を持っていれば・・いつかは。また参戦したら報告します(笑)

やっぱ、田舎は効率が悪すぎる。

日常で「かわいい子」になかなか出会えないという悩み

日常生活で”可愛い子との出会い”が少ないなと感じているのは、男性だけではありません。

女性だって「いい男がいない」と思って、出会いに困っている子もたくさんいるのです。

●看護婦や幼稚園の先生など、職場にほとんど同性しかいない。

●美容師や飲食店などのサービス業。平日休みで友達と遊ぶ時間がとれず、出会いの場が少ない。

出会いがない男性と女性が出会う場として「これは穴場だな」と思ったのが、スマホのマッチングアプリです。

ネットで好みの異性を探して、友達や恋人を見つけられるアプリです。

出会い系サイトのような怪しい感じではなく、「SNSの延長で使っている」若い子が多いのかな?という印象です。


↑↑女子にとっては、相席居酒屋と変わらない感覚のようです。↑↑

女友達同士で、アプリを使って「どうだった?」という会話をするのも珍しくないのだとか。

管理人も半信半疑でしたが、あるマッチングアプリを使って見て、はじめて1週間で戸田恵梨香似の23歳の看護師さんをゲットできました。

今も向こうが夜勤ではないタイミングで、定期的に会っています。

もちろん可愛い店員さんと付き合えれば最高ですけど、そもそも彼氏もちかもしれないですし、「お客さんはお客さん」と思っていればその時点で脈がありません。

その点マッチングアプリは「はじめから出会いを求めている子」なので、こちらへの食いつきは格段に良くなります。

要は「かわいい子」と仲良くなれればいいわけで、ナンパもマッチングアプリも「きっかけの一つ」にしかすぎないわけです。

「こういうのを利用している子って、ブスばかりなのかな?」と思ってましたが・・全然そんなことなかったです。

女の子はインスタ感覚で写真をアップしているので、加工していない「素」の女の子の顔が見れます。出会ってみて「うわぁ・・きつい」というギャップがないのはいいですね。

クラスの中にいたら、TOP5に入るようなレベルの子がゴロゴロいます。

マッチングアプリは色々な種類がありますが、本質的には「出会いの場所を提供する」だけなので、どのアプリもサービスに大きな違いはありません。

「ここに登録したら美女ばかり」というアプリがあれば話は別ですけど、「ただ出会いの場所を提供するところ」なのです。

マッチングアプリを選ぶ基準は一つだけで「たくさんの人が登録している所」を使うこと。理由はシンプルで、登録者がたくさんいればそれだけ可愛い子、美人な子に会える確率が高いからです。

国内最大手のマッチングアプリであれば、pairs(ペアーズ)です。とりあえずここだけ使っておけば、ムダに他のところと併用してお金を使う必要はありません。ここで出会えなければ他でも出会えないと思います。

とりあえず登録して女の子の写真をチェックするまでは無料なので、試しに探して見ると面白いと思います。

pairs(ペアーズ)の詳細を見てみる >>

マッチングアプリで本当に可愛い子に出会える?その仕組みと使い方

2018.02.13