好奇心旺盛な30代サラリーマンが気になったこと、試したこと、調べてみたことを紹介する、唯一無二のニュースメディアです。「とことん伝える」をテーマに更新していきます。

プロペシアの副作用が心配|服用歴10年の管理人の体験談

将来的に、薄毛になってしまうのが怖い・・今からプロペシアを飲んで進行を食い止めたい方へ。

将来はげてしまうのも怖いけれど、副作用も怖かったりしませんか?一般的にいろいろ言われているけれど、実際のところがどうなのかがグレーゾーンなのもたしか。

プロペシアの真相は、実際に体験してみないとわからない。25歳から10年服用し続けているわたしの、[体験談]と[一般的に考えられる副作用]の二部構成で紹介したいと思います。

-PR-

プロペシアの体験談

わたしは家系的に髪が薄い血統ですので、何もしなければ薄毛になるのは目に見えてました。そのため、抜け毛が本格化する前から、皮膚科に通ってプロぺシアを処方してもらう生活が続いています。3か月に1度通院して、先生に状況を報告して、3か月分を処方してもらってます。

副作用は、初期の頃にありました。よく言われる初期脱毛はなかったのですが「精力減退」が確実にありました。

性欲は人より強い方だと思います。服用をはじめて1~2週間は、とにかくアレが元気になりません。射精する気力もなく、自慰行為をするときに、かなり無理して出した記憶があります。(なら、出すなってw)

“たまっている”はずなのに、全然出てこない。出てくる量も少なめなのですが、男性器の感度が恐ろしく鈍かったです。

これ、やばいんじゃないの?と思いましたが、とりあえず服用して。すると徐々に、男性器の感覚が戻ってくるのを実感しました。服用をはじめてから1か月くらいで、本来の感覚に戻ってきました。

今は普通通りの性欲ですが、それでもプロペシアを飲むより元気が心なしか無い気がします。個人差はあると思いますが、私の場合は性欲減退という症状がモロにでている状況です。

肝機能は特に悪くなってはいません。これは会社の健康診断を毎年受けていて、肝臓の数値で引っかかったことがないので、大丈夫だと言い切れます。

抜け毛の効果は?

早い段階から服用しているのもあってか、10年たった現在でも薄毛にはまったくなっていません。先生から、頭頂部の毛が若干薄くなっているけれど、髪としては問題ないのではといわれました。

家系的には、30代から脱毛の進行スピードが速まる傾向があったのですが、わたしの場合は今のところ心配がありません。ただ、あまりビッシリ服用するのも怖い気がするので、週に2回は「服用をおやすみ」する日を設けています。これは推奨された服用方法ではないですが、今のところこれで効果に影響は出ていません。

抜け毛の量は、シャンプーした後や起きた後の枕にありますが、驚くような量ではありません。いつも数本くらいなもんです。

一般的に考えられる副作用は?

病院で処方されるプロペシアは1mgのもので、MSDと呼ばれる医療用医薬品会社で販売されています。MSDに添付されている処方書を見ると、副作用は以下の通りです。

参考:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

~主な副作用~

過敏症・生殖器・肝臓・その他(乳房圧痛・乳房肥大・抑うつ症状・めまい)の4タイプの副作用が考えられます。

1.過敏症

皮膚のアレルギー反応が起こる可能性があります。どのくらいの確率で起こるのかは定かではありません。あくまで一過性のものであるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

・瘙痒(そうよう)症・・かゆみだけが出る
・蕁麻疹(じんましん)・・皮膚が赤くなる皮膚反応です。
・血管性浮腫・・じんま疹より広範に現れる皮下組織の腫れ。

2.生殖器

5%未満の確率で、リビドー減退が起こります。いわゆる性欲の減少です。これは投与を中止しても持続するとのことです。実際にわたしもかかりました。ただ1ヶ月もすれば、元の状態に戻ります。

1%未満の確率で、勃起機能不全・射精障害・精液量減少が起こります。いずれの場合もわたしは経験しました(汗)。ただ、いずれも徐々に回復するのでさほど心配はないかと思います。

その他に懸念されている問題として、プロペシアに含まれる「フィナステリド」成分が、胎児の正規に奇形をもたらす(催奇形性)可能性があるとのこと。

つまり、旦那さんがプロペシアの服用をして子作りした際に、そうしたリスクがあるのです。

たしかに服用を継続すると、精子の中に微量ですがフィナステリドが混じります。ですが、胎児に影響を与えるほどの量は混じらないというのが、一般的な見解です。

ただ万が一ということを考えると、少なくとも子作りするときは旦那さんの血液からプロペシアを抜くのが確実です。一ヶ月ほど服用を辞めることで、その影響を免れるようです。

ただその間、AGAは進行してしまうわけですが・・

3.肝臓

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの数値が一時的に上がる可能性があります。肝臓の細胞に悪影響が起こると、これらの数値が上昇します。

通常は健康診断や人間ドッグの血液採取で数値が取られるのが一般的ですので、その際に異常値が示されていない限りは問題ないと言えるでしょう。

再検査が必要な場合は、しっかり検査を受ければ大丈夫です。

4.その他

乳房圧痛、乳房肥大が起こる可能性があります。男性ホルモンが抑えられるため、女性ホルモンが相対的に有利になり、乳房が発達してしまうことがあります。

胸が大きくなる分には(恥ずかしいですが)問題ありません。お相撲さんの中で、たまに妙に女性みたいな胸をしている力士いますよね?あれと同じ状態です。

ただ自分で胸を触ってみて、固いしこりのようなものがある場合は要注意です。早めに病院に行く必要があります。基本は気にしなくて良いものです。

プロペシアを服用すると、自律神経のバランスを崩すことがまれにあります。

その結果、抑うつ症状{気分の落ち込み)が出るケースもあるようです。服用してから、明らかに気分がふさぎこむことが多くなった、などの心当たりがある方は服用を見合わせた方がよいかもしれません。

以上が、プロペシアの服用で想定される副作用になります。わたしが経験したのは性欲減退だけです。人によっては、その他の症状が起こるリスクもあります。

実際わたしも調べていて予想以上にリスクがあることを知り、調べたことを公開しましたがw。

ただ、どういった副作用のリスクがあるのか知っておけば、プロペシアが原因か、そうでないかの切り分けができます。

もしプロペシアが原因で副作用が起きた時のために、医師の定期的な診察があるのです。中には個人輸入代行でフィナステリドを安く購入する方もいますが、こうしたリスクに対する備えができません。

何かあれば、いつでもお医者さんに相談できる。最安値で買うことはできませんが、医師を味方につけれるということは大きな利点だと思います。

-PR-