子供の作品の収納はどこまでやるべき?保管方法と区切りの付け方

子供が幼稚園や保育園に入ると、園で制作したたくさんの作品を持って帰るようになりますよね。

我が家も息子が初めて母の日に貯金箱を作ってプレゼントしてくれた時には、とても嬉しく感動したものです。

「子供の成長の思い出として大切に取っておきたい」と思う親御さんは多いはず!そこで今回は子供の作品の保管法やいつまで取っておく?にお答えします。

1.どの位までとっておく?どのタイミングで捨てるべき?

子供が作った作品、ずっと取っておきたい気持ちはもちろんあります。ですが、現実的にそうはいきません。

絵や作文ならそれほど場所を取りませんが、粘土や工作などの製作品は大小さまざま…。

あっという間に置くスペースに限界がきてしまいます。やはりきちんと区切りをつけて処分していかなければならないのです。

我が家の場合、大作や子供本人がとてもお気に入りのものはしばらく飾っておき、ホコリがついてきたり次の作品を持ち帰った時に古い順に捨てます。

その頃には本人も捨てることに抵抗は無くなっているようです。この「作品更新制度」で作品が増え続けることや処分することへのためらいを予防することができています。

2.絵や作文・工作を保管する4つの方法

まとめてボックスか段ボールに収納

工作など、立体的なものの保管は収納ボックスや段ボールに入れておくと、形を崩さずに収納することができます。

お子様のクローゼットなど、収納スペースに余裕のあるご家庭におすすめです!ボックスにドサッと収納してしまえば、押入れの中で行方不明になったりせず良いですね。

作品毎にファイルやアルバムなどに入れる

絵や作文は季節や学年ごとにまとめてファイルやアルバムにいれて保管しましょう。

クリアポケットを追加できるリング状のバインダーなどもおすすめ。1年分は何枚までと決めて、厳選することでスッキリ収納することができます。

デジカメやスマホで写真に残しておく

最近ママさんの間では定着しつつある方法がコレ!写真に残しておくと、捨てる事への罪悪感はかなり軽減されますし、なんといっても自由に見返すことができて場所を取らないというのが一番ですね。

本当に大切な作品だけ現物で残しておいて、後は写真を撮って処分!お子さんと作品を一緒に撮影すれば成長記録にもなりますよ。

これは便利!な収納アイデアグッズ

100均のボックス

押入れの中にスペースがあまりない…という方には、あえて「見せる収納」としてセリアなどのA4ボックスがおすすめ。

見た目がオシャレなだけではなく、使わない時には折りたためますし、積み重ねることもできます。

サクラクレパス ホームポケット

100均のファイルよりもワンランク上の収納ファイルです。

6年分の作品や画用紙30枚、写真60枚など収納力は抜群。折りたためるファイルで大きな作品もコンパクトに収納できます。きっちりしっかり残したい方にはかなり活躍してくれそうです。

IKEAのSUKBBシリーズ

ごちゃごちゃとしてしまう作品たちをキレイに収納してくれるのがIKEAのSUKBBシリーズ。

収納スペースは各ご家庭様々。お子さんの作品の量や形にあわせて収納の形を選ぶことができます。オシャレかつ機能的に保管することができますよ。

管理人が一番おすすめなのはこの収納!

HAT―SHOPのメモリアルボックス

こちらも見せる収納としても使えるクラフトボックスです。

エッフェル塔のイラストで統一されていて、重ねて置いてもインテリアとして違和感がありません。サイズも様々あって、子供の作品だけではなく衣類の整理にも役立ちますよ!

3.保管スペースは、どういう場所がある?

・子供部屋

子供部屋をお持ちでしたらクローゼットの上や奥などに保管するのが良いですね!大人の荷物とゴチャゴチャにならず、本人の気が向いたときに簡単に見返すことができます。

自宅屋根裏

自宅の屋根裏やなど、普段は使わないスペースに置く方もいらっしゃいます。

思い出の品なので、頻繁に出し入れするわけではありませんから、なるべく邪魔にならない場所に…という考えですね。

実家

自宅の収納スペースに余裕がない時には、実家に置かせてもらうのも一つ。また、転勤族など引っ越しの機会が多いご家庭は、荷物を減らすためにも実家に預かってもらうと助かります。

見せる収納

前述の通り、オシャレな箱やディスプレイに収納して、飾るという方もいらっしゃいます。ただの荷物をインテリアとして変身させるのもアイデアですね!

トランクルームを借りるというのも一つ

保管する作品がたくさんあったり、ご兄弟が多い方など自宅スペースに限界がある、または自宅はスッキリさせたい!という方は、トランクルームをレンタルする方法もあります。

お子さんの作品だけではなく、大きな荷物やオフシーズンのものを保管するのにも役立ちます。

4.将来的に、作品を見る機会はあるもの?

子供のためにとっておく必要はある?

小さいころに作ったり書いたりしたものを後になって見返す事は、お子さんによって嬉しいと思う子、何とも思わない子…様々だと思います。

いずれにしても何一つ幼少期の物がないのは寂しい気がします。あれもこれもとたくさんの作品は必要ないかもしれませんが、年代によって1つ2つは残しておくと良いのかもしれませんね。

親の楽しみのためにとっておく?

子供本人はさほど感じないのかもしれませんが、親御さんにとっては作品を見て小さかった頃のお子さんを懐かしく思い出せますよね。

こちらも特に印象に残るような特別な物を数個、大切に保管しておくと良いですね。将来、お孫さんの作品と見比べる…なんて素敵なこともあるかもしれません。

5.管理人の体験談・思い

子供が幼稚園や学校で作ってきたものは、本人はもちろん、親にとっては成長を感じられるとても大切なもの。

けれど全てを保管するのは大変!できる限りその作品達と本人、親の気持ちが満足できる形で残しておけるよう、参考にしていただければと思います。